読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

フィギュアスケート2010年全日本選手権

全日本選手権の、シーズン内のほかの試合との違いについて確か書いたよなぁ、とか思って探したらおととしのエントリだった。まぁそこでも書いたように全日本選手権はどんな大会よりも「闘い」であって。そう云う大会に塩原アナのポエム、って云うのもなんかやっぱり似つかわしくないのだけどね。

浅田真央人気1本では先行き危うい、ってフジテレビの判断によるものなのか、今回は女子シングルでずいぶんとたくさんの選手を見せてくれた。

と云うか、素人ながらそれなりに関心を持って放送を見ているぼくみたいな人間でさえ名前を初めて聞いたような、それでも刮目せざるを得ない水準の演技を見せる若い世代の女子シングル選手がこんなに何人もいるってことにびっくり。ともかく、庄司理紗大庭雅の名前はもう忘れないぞ。

それにしても、鈴木明子が表彰台に登れない大会、だったわけで。例年のようにそう云う水準の大会ではあったのだけれど、ただちょっと印象が薄いのはなぜだろう。

佳菜子の演技が、高水準なのはわかっていてもちょっとまとまり過ぎに見えるのも多分ある。闘わない安藤美姫の演技が、(すばらしいのは確かでも)個人的にそれほど訴求してこない、と云うのもある。

でもそれよりも、去年の「鐘」のあとで、浅田真央に今季のフリーのような演技を見せられてもなぁ、と云うのがつよくあるようにも思う。いや、「真央ちゃんファン」のみなさまには好評なんだろうなぁ、とか推測するんだけどね。シーズン後半に調子を戻してくるのはあいかわらず見事なものだとは思うけれど、課題にしていたらしいジャンプが昨季とどこがどう違っているのかはなんか不明。

男子は結果だけ見ると超順当。いまひとつ調子のあがらない大輔を相手にして、繊細さや優雅さが脆弱さと直結しなくなったうつけや、分厚い基礎のうえに表現を積み上げることを覚えた小塚くんが上に行くのは、まぁ当然だよね。

と云うか、三馬鹿をチームとして捉えるなら、今季ほどこのチームが強いシーズンはないのかも。

でまぁ、結弦。頑張ったと思う。いくらなんでも相手が悪かったけれど、来期はいまの場所にいる必要なんてない。

だれひとり羽生結弦に似ている選手がいない以上、上のやつらは喰える。順番に喰っていけばいい。

まずは四大陸。世界に竪三つ引両を突きつけてやれ。