読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

フィギュアスケート2010年NHK杯

チーム牛タン復活の旗。

全国のひとに、届いたと思う。武史の跡目を襲い、その魂を受け継ぐ仙台の糞餓鬼(仙台弁では「野郎っこ」)の勇姿が。

フリー最初のクアッドで、その心意気は充分に伝えることができるはず。ジョニーに見込まれるだけの、女性的な要素を取り込むことのできる表現力を持っていても、一面的な耽美に向かうわけではない。その喧嘩腰の姿勢はジェーニャにも、そして直接の先輩筋にあたる武史にもつながる。

4位の結果は仕方がない。売り出しを急ぐ必要はない(スタミナ不足の解消が先だ)。それでもTVの画面越しにその演技をみた視聴者は、振ってみせたその旗を忘れることはないだろう、と思う。

それでもまだ、羽生結弦はこれからだ。この先へ。

ぼくは多分、ここでアボットを褒めたことはない。堅実だけど地味なスケーターだった彼は、正直ぼくの好みではぜんぜんない。——云い換える。なかった。

つれあいの云うように、コーチを務める有香さんの力、なのかもしれない。でも堅実さ、誠実さを表現として積み重ねることが、こんな静謐な感興を湧き上がらせるプログラムを生み出す結果に至ることができる、なんてことは知らなかった。エヴァンに通じる、(基本になるスケーティングスキルの充実を要求する)アメリカ的な素朴な上品さの表現。じつはこの大会でいちばん心を動かされたのが、彼のフリーだった。

アモディオ、面白いぞ。キャンディロロから続くフランス伝統芸の伝承者としては大成するかも。それだけ、かもしれないけどね。

でまぁ、今大会の男子で大輔はひとりだけメダリストで、まぁ横綱

世界で高橋大輔にしかできないプログラムだったのは間違いないけれど、でも(贅沢を云うと)まだできあがってない。と云うか、それ以前にまだ大輔自身の身体が「勝つためにリンクに入っている」コンディションになってない、のかもしれない。端的に云うと、脂っ気が足りない。

フリーでクアッドを降りてみせたのは貫禄だけど、今大会は若い力が存分にその存在感を発揮してみせた結果になった。貫禄だけでは勝てやしない。

いやまぁ、それはこれから取り戻してくるに決まってるんだけどね。そこが見たいし、見させてもらう。

で、女子の横綱浅田真央

プログラム的にはもう去年みたいな(ある意味余分、とも云える)チャレンジは今期はない。で、スロースタートも相変わらず。でもこのタイミングでこれだけしかできあがってない、ってのはどうなんだろう。

わからない。評価がむずかしい(mixiあたりの「真央ちゃんファン」溜まりではどんな話になってるのか興味深くはあるけれど、ひどく気色悪いものを読むことにもなりそうなのでまだ覗いてない)。でも去年みたいに(個人的に)完成型を見せてもらいたいプログラム、では今期はないので、こんな感じならまぁちょいと今期は真央には冷淡になってしまうかも。

いずれにせよ、後ろから佳菜子が来ている。何年か前の荒川静香の場所に置かれているようにも、見えなくはない。

それよりもなによりも、アシュレイが今期ひどく綺麗になったように見える(まぁそりゃ絵画的な意味ではそもそも美形ではあるけど)。綺麗になった、と云うとひどく軽い云い方に聴こえるだろうな、みたいなことはわかっているけれど、どっちにしろこちらは放送を介在させた映像しか見ていないので、それは演技上の姿での評価になる。

でもっていっしょくたにしてもいいのかどうか、レイチェルが逆にその魅力をいくぶん減らしているように見える(エミリーが出てこないいま、チアリーダー的アメリカ娘典型のポジションは完全に彼女ひとりの双肩にあるのに)。ぬけぬけとした安定感が絶対的な基盤なのに。

でもまぁアメリカは層が厚い。アレクサンドラの真の後継者たる長洲未来の登場を待たないと、そもそも議論は始まらない。

でまぁ話は結弦で始めた。そう云うわけで当然、佳菜子で締める。

同年齢のころの真央が持っていたような派手さ、トピック性はない。それでも、技術的な面で女子シングルのフィギュア選手がこの数年実現してきたような進歩は、完全にキャッチアップしてみせている。なにひとつ、臆するところはない(いやまぁ色気、みたいなものはあるんだけど、それは残念ながらひとりだけを例外としてチーム味噌カツの伝統にはない)。今期はひょっとして闘わなくてもいいのかもしれないけれど、でもそれだけのものはみんな、もうすでに持っている。

村上佳菜子と云う選手がここからどこに向かうのか、はよく見えない。現時点ではまだ、よくも悪くも武田奈々のような愛されかたしか見えない部分は正直ある。

でもシニア初となる今期、ぼくは彼女の(きっとあるはずの)「凄さ」が見たい。結弦がどこまで行くか、と云うのと併せて、当面の今期最大の関心ごと、ではあるのだった。