読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

音楽あれこれ

おやすみ、兄貴

グレン・フライが亡くなった。体調を崩していることも知らなかった。 でもまぁ、こどものころの師匠筋、みたいなミュージシャンが亡くなっていくくらいには、ぼくも年齢を重ねた、と云う話で、それは不思議なことではないのだけれど。

Appreciate you, Grandad

B.B.キングが亡くなった。 まぁ、ぼくの生まれる前から活躍しているひとなので、もちろん相応のお歳だったわけで。 On B.B. King: "The Blues Has Lost Its King, and America Has Lost a Legend" | The White House

Just like Rock and Roll. (Plaisin' SCANDAL)

regista13さんの「ロック」を崇拝し「アイドル」を侮蔑する人々って云う、まぁ面白いんだけどなんかどこかそれ云っちゃったら身も蓋もないじゃん、いまどきロックってものの価値観にしがみついてる小僧とか、「大人のロック」なんて云う背筋が凍るほどいさぎ…

共通言語

rootportさんのあなたは「人から笑われない趣味」を持っていますか?/小説『アニソンの神様』感想と云うエントリを読んで、ちょっと思ったこと。言及先のエントリとはほとんど関係ない内容なので、トラックバックはしない。

倍音で「癒される」?

シンガーソングライター&ヴォイスパフォーマーの音妃さんとやらおっしゃる方のインタビュー、ヒトメボコラムの癒される心地よい声になる「倍音」ってなに?と云う記事を読んだ。

真に受けない

坂本龍一が、主催した「さようなら原発10万人集会」で宣ったらしい「たかが電気のためになんで命を危険にさらさなくてはいけないのでしょうか。」と云う発言について、あれこれと反響があるみたいだ。

The Girl (Just) Doesn't Wanna Lie.

NHK「かぶん」ブログのシンディー・ローパー記者会見 at日本外国特派員協会:全文掲載ですと云う記事を読んだ。

Not Restrained (Plaisin' SCANDAL)

カメラマン・ライターの矢沢隆則さんの、ガールズバンド「SCANDAL」のベストアルバムはライブを意識した一枚と云う記事を読んだ。ちょうど昨日、こちらのコンピレーションが発売されたばっかり。 SCANDAL SHOW(初回生産限定盤)(DVD付) アーティスト: 出版社/…

Don't be Rock, just Do (praisin' SCANDAL)

もうリリース後2か月も経っているので、レビューでもなんでもないんだけど。 BABY ACTION アーティスト: SCANDAL 出版社/メーカー: ERJ 発売日: 2011/08/10 メディア: CD

結論なんてないのだけれど

Asahi.comに掲載された、自粛、強要される空気 「みる・きく・はなす」はいまと云う記事を読んだ。

シュミノチガイ

斉藤和義の「ずっとウソだった」に触れたエントリに、takuzo1213さんからトラックバックをもらった。「ずっとウソだった」に思うことと云うエントリ。

誰に向けて、なにを、誰が

斉藤和義とか云うミュージシャンがうたっている「ずっとウソだった」と云う曲を聴いた。

Rock and Roll.

そうだよ? おいら、綺麗ごとが大好きさ。それとRock and Roll。 まぁ怒髪天のみなさん、それと(事務所に出演を辞退させられて、「トークショー」をしにきたらしい)サンボマスターのみなさんの勇姿でも観ましょうよ。ごいっしょに。

遊芸

らふすけっちさんの音楽人・バンドマンに警告!ライブハウスが潰れます!と云うエントリを、友人のmixi日記経由で読んだ。

速いこと

速いことがなにより重要、と云う場合。 オリジナルの2割増、かな。十代かぁ。すごいなぁ。

Baby Loud Rock (praisin' SCANDAL)

さて、ここから先に書かれていることは小汚い中年のおやじが曝け出した軽薄でミーハーな心情を加齢臭あふれる大仰な理屈で飾り立てたもの。構えだけ大袈裟で中身がない、やすものの天ぷらみたいな文体からは80年代的な、なんと云うかラメと人工調味料を連想…

せんくら2010

とりあえず金曜日から今日までは仙台クラシックフェスティバル2010なのだった。先月は定禅寺ジャズフェスで、来月はゴスフェス(これはまぁ多分観にいかないけど)。要はいまごろの仙台と云うのはそう云う土地なのだった。せんくらは例年観にいかなかったり…

バンドのケミストリー

シャルル・パナール博士(とお呼びすればいいのか、それともyogorouza_1979さんが適切なのか)のビートルズ神話の真相 リンゴ・スターは凡才だったのか?と云うエントリを読んだ。共感半分異論半分、と云ったところで、ちょっと感じるところがあったので戯言…

再現と反復

広瀬香美が毎日新聞で連載している「大人の音楽の時間」が毎日,jpにあがっていて、第3回 あの歌の魅力の秘密をバラしちゃえ! カーペンターズ前編と第4回 後編(新曲付き)を読んだ。面白いなぁ。あと、職業音楽家ってのはすごいなぁ。

音楽(やその他の芸術)と、その力

前のエントリで書いたことと漠然と関係してくる、と云えばそうなんだけど、C-NET Blogで村上敬亮さんがお書きのありふれたことに驚く〜ユリイカの坂本龍一総特集(後編)と云うエントリを読んで漠然と考えたこと。ちなみに、これから書くことは村上さんのエ…

楽器の素材

Gizmodeの人類史初の楽器、その役割とは?と云う記事を読んだ。3万5000年前の笛。

正攻法

これとこれの2冊を読んで、感じるところがあったので改めて聴き直す。 アンチテーゼ アーティスト: クリヤ・マコト,納浩一,大坂昌彦,岸田容男 出版社/メーカー: キングレコード 発売日: 1998/08/21 メディア: CD アンチテーゼ#2 アーティスト: クリヤ・マコ…

テレキャスター妄言

ほんとうにただの妄言なので、このカテゴリにすべきではないような気もする。

20th anniversary

本屋に行ったら、こんなものが出ていた。 MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2009年 02月号 [雑誌] 作者: 出版社/メーカー: ミュージックマガジン 発売日: 2009/01/20 メディア: 雑誌 そう云えばデビュー20年、解散10年か。

Guantanamera

昨日こんな映画を見た直後の今日になって、こんなニュースが。オバマ氏、グアンタナモ基地収容所の早期閉鎖を検討中

へたばっているときは

このあたりで。 It's Like This アーティスト: Rickie Lee Jones 出版社/メーカー: Epic 発売日: 2000/09/12 メディア: CD

収穫のかたち

もう、これは自分たちの受け止めるべきものだ、と考えて購入。 CHINESE DEMOCRACY アーティスト: Guns and Roses 出版社/メーカー: Geffen 発売日: 2008/11/24 メディア: CD ロックのアルバムが出た、と聞いてCDショップに駆け込んだのは、いつ以来になるん…

インサイダーの視点

なんかひさしぶりにI Wayan Balawanのことを書いたエントリにアクセスがあって、そういやご本人最近なにかYou Tubeに上げてくれたかな、とかちょっと思って探してみたらいくつかあった。 Balawan & Batuan Ethnic Fusion - The Dance of Janger

Thanksgiving

土・日・月の3日間でせんくら2008が実施されていたわけだけれど、ひとつだけ行ったのはつれあいがファンのタブラトゥーラ。古楽器を使ってオリジナルの曲を演奏する、と云う、少なくともクラシックで「だけ」はないグループだと思うのだけれど、そのあたりを…

あると思わなかったのにAmazonで見てみたらあったので、買ってしまった。 TALKING ABOUT DIME アーティスト: bogalusa 出版社/メーカー: Get Hip RECORDS/ゲットヒップレコード 発売日: 2007/04/25 メディア: CD ボガルサのいまのところ唯一のアルバム。ギタ…

交点

日曜の晩はちょっと馴染みのジャズ居酒屋(と云ってもなんだかわからないと思うけど、居酒屋の真ん中に演奏スペースみたいなものがあってベイビーグランドが置いてある)に誘われて、飯田俊明と云うピアニストのライヴを聴いてきた。このひとのことは知らな…

起きたままお昼寝

昨日のことだけれど、随分とひさしぶりにコンサートホールで音楽を聴いた(考えてみると、日頃は野音とか道端、屋根があってもライヴハウスばっかりだ。なんでだ)。演目はレクイエム2曲。

交雑と本質

なんかこちらのエントリで書いたりTAKAさんとコメント欄でしゃべったりしたことからちょっと考えた思い付きをつらつら、だらだらととりとめもなく適当に。黒人音楽のこととか。

聴くもの

mohariza6さんの音楽〜ある時代(世界)へ引きずり込む力と云うエントリに、若干艶消し気味に突っ込む。あえて「世間」カテゴリではなく。 (2/21追記:読みづらいので小泉文夫の著作へのリンクを文末に移動しました)

It was Christmas time

そう云うわけでクリスマスだった。たった今、さっきまでここに貼っていた"NORAD Tracks Santa"のガジェットをはがしたところ。うちは例年のごとくつれあいがつくってくれたちょいと豪勢な夕食を食べて終わり(イベント好きなのだった)。 車に乗るとあれこれ…

こちら極東

一週間しか上映していないので、むりやりレイトショーでJOE STRUMMER:THE FUTURE IS UNWRITTENと云う映画を見に行った。日本題はLONDON CALLING。5年前(もう5年前になるのか!)に死んだジョー・ストラマーの伝記映画だ。

流行らないかなぁ

つれあいは音楽を教えたりしている。 本来は鍵盤楽器なのだけど、なぜだか歌を教えることになることも多い。

「わかる」ということ

ブルガリアン・ヴォイスアーティスト: 民族音楽出版社/メーカー: インディペンデントレーベル発売日: 2001/07/18メディア: CD 音楽を聴くのがどうして楽しいのか、について、ちゃんと説明した論考を読んだことがない。 いや、「いろんな論考を読んだけれど納…

音楽的本籍地

Rock 'n' Rollアーティスト: John Lennon出版社/メーカー: Capitol発売日: 2004/09/27メディア: CD 他人のことはわからないので、これっておいらだけの話なのかもしれん。 ロックンロール兄ちゃんとして育った。多分、13とか14くらいから。 で、いろんなロッ…