読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

フィギュアスケート2012年NHK杯

みたもの、読んだもの

今季なんかちゃんと見られない大会が多くて、NHK杯についてはちゃんと放送してくれたのでまぁありがたい(後追いだけど羽生結弦の歴代最高得点SPも見た。オーサーさん当たり、ってプログラム。ちゃんとプーさんティッシュケース持ってきてくれてたからいいや)。
遙姫がなんだかめっぽう仇っぽくなっててびっくりした件とか、李子君ちゃんはかわいいけどどうも先が線が細い(からクァク・ミンジョンみたいにフェイドアウトしなきゃいいな、みたいに思う)件とか、アグネスがなんだかでっかくて大味で微妙にアメリカ伝統チアリーダー路線に近づいてる件とか、エレーネがだいぶポテンシャルを表に出せるようになった気がするけど相変わらずアンバランスでそこが妙に魅力的に見える件とか、ハビエルくんなんだかもったいないなぁ的な件とかいろいろあるけど、ともかくなんか今大会は氷が硬いのかだれもかれもやたらとスピードが出て、みんな制御にたいへんそうだったけど観てるぶんには楽しかったなぁ、などなど。

 ともかくもスピードが出て制御が大変で、とか云うと連想するのはカロリーナだったりするんだけど、なんか結弦もすっかりSP番長の風情が今季はある感じ。ひとまわり線が太くなって、それぞれのエレメントも力強さを増してはいるんだけど、どうにもまだスタミナが追いついてない。と云うか、スタミナを温存する、とかペース配分を考えるとか云うあたりは苦手なのかそもそもやりたくないのか、ある意味ハードパンチャーのインファイターの真骨頂、って感じで爽快ではあったりするんだけど、世界選手権のメダリストの闘い方ではないよなぁ。ってえかメダリストがまだ成長期ってのはどうよ、なんて感じで地元のおんつぁんとしては目尻が下がってしまうのだけどね。

大輔がなにをやりたいのか、ちょいと見えてきた気がする。
菊地成孔が森山直太朗についてもの凄く歌が上手く、もの凄く変な歌い方で、もの凄く感動させると書いていたのを、なんとなく連想する。大輔本人はまったく難解な表現には向かっていないのだけれど、「道」で見せたようなわかりやすさにはもう本人の表現力が余ってしまって、ちゃんとプログラムが完成するまではじっさいになにがやりたいのかの全体像がまともに見えてこない(去年みたいに、取り組む相手がブルース、みたいな巨大なテーマでないかぎり)。やっとその片鱗が見えるところまで、プログラムが完成した、と云うことなのだろうなぁ。スロースターターになっちゃうのもしょうがないのかな。

あっこちゃんはすばらしくて、なにも欠けるものがなくて、それでも真央に届かない。正直、今季の真央のスケール感には圧倒される。と云うか、プログラムが真央自身のポテンシャルに比較してどこか小さいような印象。巨大なテーマを抱えながらチャレンジャブルに、ストイックに闘っていく、と云うここ数季の闘い方を見慣れているので、ちょっと違和感を感じさせるのかもしれないけど。ヨナ・キムの、安藤美姫の不在と云うのはかくも大きいのか、と思わざるを得ない感じも、若干はある。
見ている方としては、充分な表現者としての自覚はありながらも自家薬籠中の演技をしてみせる真央の凄さは楽しめるものではあるのだけれど、やっぱり本人としてはこう云う演技は減点法的にしか捉えられないんだろうなぁ。優勝したのに落ち込んでみせる、その姿はやっぱりすこし気の毒にも見えた。

しかし男子シングルのファイナル枠6人のうち4人が日本人かぁ。誇らしかったりはしないので(選手はやっぱり個人で、国籍は関係ないからね)、微妙に興ざめだったりもするけれど、でもそれぞれがここからどこまで完成度を持ち上げてくるか、楽しみでもあったりはするのだった。