読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

得たものと、望むもの

みたもの、読んだもの

ソチ・オリンピックにおける羽生結弦の金メダルが、すなおに喜べない。まぁ、本人も複雑な表情をしていたけれど。

これがオリンピック、という話でもあるんだろうな、みたいにも思う。多くの選手がそこに潜むものに圧倒されて、自分の演技をまっとうすることができなかった。こともあろうに、Pチャンでさえも。

結弦は、負けなかった。でもぼくが今回の彼のフリーに観たのは、ぼくの好きな彼の姿、ではなかった。スタミナが切れようが破綻しようがすべてを出し切って、完全燃焼する羽生結弦は、今回は見られなかった。もちろんそれは、たとえば彼の姿勢や意識の問題、ではない。いろいろな歯車がきっちりと同期しなかった、その結果だ。

そして、その歯車が噛み合わなかった選手が、今大会のフィギュアスケート男子シングルでは、唖然とするほどに多かった。結果、地力とメンタルの齟齬が(あくまで相対的に)小さかった結弦の手に、金メダルが転がり込む。

こんな結果を、望んでいようはずもない。羽生結弦は喧嘩師だ。勝ち取ったもの以外は、欲しくなんかないはず。

それでも、彼は喜んでみせざるを得ない。日本の選手として。

オリンピックが、国家間の戦争の似姿である以上。この国に、個人の努力による成果を国家への貢献とみなし、成果を得られなかった選手を罵倒する(個人的意見としてはあきらかに歪んだ)ひとたちが数多くいる以上。

羽生結弦は未完成だ。ゴールドメダリストになってさえ、なお。円熟に向かうのはこれからで、現時点ではまだそのとばぐちにいる。こんな場所に立ったことがあるのは、たぶん彼の尊敬する(そして今大会で引退を表明した)かのツァーリしかいないだろう。

こんな状況で手に入ったメダルが、彼を変えてしまうとは思わない。彼はこれまでどおりのスタンスで、彼の闘いを続けていこうとするだろう。ただ、環境が、立場が激変する。そのなかで、彼の闘いがどのように変質して(させられて)いくのか。

それでも、ぼくはこれからの彼に期待する。おめでとう、羽生結弦