読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

フィギュアスケート2012年グランプリファイナル

なんだか今年はいろいろとめぐり合わせが悪くて見られなかった大会がたくさんある。今大会も女子ショートを見ることができなかった(真央の演技については思ったとおり「おさらいの時間」があったので見ることができたけどね)。てなわけで、見ることができた範囲で書いてみる。

リーザも、アシュレイも、今季はじめての観戦。

どうにもリーザは精彩に欠ける演技で、なんかスルツカヤも苦しんだ女子選手の壁、みたいなのにつかまりはじめてるのかな、みたいな印象も少しある。

目を奪われる、的な水準で好調なわけではないリーザはどうもスケール感に欠けていて、でもおなじような小ささはなぜか今大会の演技ではアシュレイにも感じていたりして。それってなんなのかなぁ、みたいに思ってたんだけど、たぶん原因はスケートに伸びやかさが欠けていること。

スピードと伸びのあるスケーティングは、やっぱり演技自体をひとまわり大きく見せる。このへん、今大会の真央の演技(とりわけフリー)と比較すると一目瞭然。勝つための必須の要素としてトリプルアクセルを選択しなくてもいい状況に置かれた浅田真央の、なめらかでスピードの乗ったスケートとブラッシュアップされた所作に支えられた演技は、現役最後期の荒川さんを思い起こさせるような、なんと云うか「大きさ」のようなものを感じさせる。点差以上に、個々の要素を超えて、今大会の真央は圧倒的だった、と思う。

あっこちゃんの演技がつねに限界を見据えながらのもの、なのはわかっていて。ある点まで届くか、あるいは届かないか。

その意味で、今季はまだ完成していない(だからもっと高みに向かえる)、と思っていいのだろうな。きっと。

で、日本人が6人中4人の男子シングルは、ようやっと御大将の優勝。

やっぱり大輔はスロースターターで。ショートプログラムも今大会でやっと観る側にやりたいことがちゃんと伝わる仕上がりに届いた、と云う感じ。と云うか前季でブルースにアプローチしてみせた以上、ほんらいロックンロールなんて云うものはもっとさっさと自家薬籠中のものとしていてもおかしくはない、はずではあるのだけど。

万全ではないにしろ(そしてPチャンの不調で転がり込んだ優勝であるにせよ)それでもはっきりした貫目の違い、みたいなのは見せてもらえた。今季中に、もう一段の完成度向上が見られるといいな。

でまぁ、だれと比較しての貫目の違い、って話になるかって云うと、それはもちろん結弦。でもそれは単なるポジションの違い(からくる、なんと云うか味わいみたいなものの違い)で、ヴェテランがつねにルーキーよりも強い、と云う話にはもちろんならない。

たぶんほめてはいけないのだろうけど、結弦らしいと云えばこのうえなく羽生結弦らしい試合、ではあったと思う。グランプリファイナルの銀ぐらいではもうあまり大喜びしたくもなくなっているこっちもこっちではあるんだけど、早く全日本の演技が観たいなぁ、なんてもう思っていたりして。

あとは、小塚くんだなぁ。だいぶ復調してきているとは思うんだけどね。