読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

略語だのカタカナ遣いだの

kikulogのフクシマと書かないと云うエントリを読んだ。

例えば略語と云うのを、あまり使わないようにしている。

好きか嫌いか、と云うとどちらかと云うと好きだし、音楽がらみのエントリなんかを書くときにはジャーゴン的な意味合いを含めていくらか積極的に使ったりもする。ただ、使うときには意識して、と云うのが原則。

略していない用語、と云うのは、一応は全きものとして、それが指し示す対象についてのすべての側面を、意味合いを示すことになる。まぁ固有名詞については、原則は。その固有名詞が、使われていくうちに特定の意味合いを強く帯びることはあるけれど、まぁそれは避けられない。その場合にも、特定の作為を示さないためにも、不要な場合には略語を使わずに書くことを選ぶことが多い。無用な色づけを、自分の発言に帯びさせないために。

略語を使う、カタカナ書きにする(言及先エントリをお読みでない方のために説明すると、これは「カタカナで一般に表記されない日本語の単語を、あえてカタカナで書く」と云う行為のこと)。
基本的にそれは、もともとの言葉が持っていた複数の意味合いから、特定の側面を抽出してそこを強調しようとする行為、だと思う(まぁ略語の場合、原語が長過ぎて、と云う場合もあるだろうけど)。だから略語やカタカナ書きを使うことを選択する、と云うのは、当然ながらポリティカルな行為、と云うことになる(ちなみにこのカタカナ書き、と云う手法をはじめて見たのは、数年前によんどころない事情があって政治的な内容を扱う複数のブログを読む羽目に陥ったとき。なるほど、こう云う小技があるんだ、とかちょっと感心した。「コイズミ」とかね。実質的になにも云ってなくても、小洒落た揶揄をしている気分になれるみたい)。

福島、と云う言葉が包含する、多様な意味と側面。本来あったものと、この半年ばかりのあいだに付け加えられたもの。
それを「フクシマ」と表記した際に、切り捨てられるものと、抽出されるもの。こう云うことに関しては、言語を用いてなにかを表現しよう、伝えようとするにあたっては絶対にナイーヴであってはいけない、と思う。

フクシマとカタカナで書いてしまうのは、やはり一種の鈍感さであると思う。その言葉には、現にそこに住む努力をしている人たちがいるという視点が欠けているのではないか。

欠けているのではなくて、これは、切り捨てている、と云うことであるはずだ。

切り捨てること、の是非は措く。いや、切り捨てる行為に対する個人的な思いはあるけれど、その行為は本来自覚的に、ポリティカルに選ばれたスタンスであるはずで、そうである以上切り捨てることそのものに対する評価はこのレイヤーにはない。
ただし、そのスタンスをポリティカルに選択した、と云う自覚なしにフクシマと云う表記を選んだひとがいるとすれば、そのひとはまさに鈍感と云う形容が高精度であてはまる種類の人間だと思うし、願わくばことばを用いてなんらかの表現を行おう、だれかになにかを伝えようと試みることは今後避けてほしい、と衷心から願う。

ちなみに言及先のエントリについて、ブックマークで「言葉狩り」と云う評価をしているコメントをいくつか見かけた。まぁなんと云うかそう云う行為がまさに、上で書いた「ポリティカル」な言説、と云うもののわかりやすくて適切なサンプル、と云うことになろうかと思う。