読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

フィギュアスケート2011年世界選手権

どうもなんとなく熱量が低い感じのある大会に思えたのは、運営側に原因があるのか、選手たちにあるのか、それともそもそもそれを見る側のぼくにあるのか。まぁべつだん、だからなにかが悪い、と云うわけではないのだけどね。

大輔にあってPチャンにないもの、と云うのがなにかあるような気がする。そしてそれは、なんとなくだけど小塚くんも持っているんじゃないか、みたいに思う。って、これじゃなんのことを書いているのかわかるひとはいないよなぁ。

点数には異論の余地はあっても、Pチャンの優勝そのものにはそんなものはないだろう。そして、そこに伍していけたのが小塚くんである、と云う事実。そこにパッションがあっても、それを制御し切ったものが勝つ、と云う端的な現実。悪くはないよなぁ。

(おそらく多くの「真央ちゃんファン」によって求められてきた)今季のフリーのようなプログラムを、不調の浅田真央が滑ったらどうなるか。ぼくはおよそ世界チャンプを経験した選手には見えない、年齢にふさわしいような表現の厚みをさっぱり感じさせない「お遊戯感」にがっかりしたのだけど、ファンのみなさまにとってはどうなのだろうか(とか云って、まったく関心はないのだけどね)。

たぶん安藤美姫は、今大会のフリーでいったんは完成したのだと思う。

女子シングルの選手の演技を見てこう云う感覚を得るのは、正直トリノの荒川さん以来。もはやこれ以上どこにも進まなくてもいいような、場所。彼女がなぜ今大会でそこにたどり着けたのかはわからないけれど、今季の道程のなかで伏線はずっと引かれていた。そのことに、ぼくが気付かなかっただけ。

彼女は荒川さんのように、ここで歩みを止めることを選ぶのか。それともここからさらに歩み出すのか。どちらを選ぶべき、とも思わないし、どちらを選んでもそこには惜しまれるべきものはないだろう、みたいに感じる。

そして、世界3位になった渋谷さん家に喝采を。