読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

奪い去られるもの

仙台市在住らしいJumiさんの放射線から身を守るために味噌を食べよう!と云うエントリを読んだ。

今回の東日本大震災に便乗して各ホメオパシー業者がどんな行動に出ているか、と云うことについては、mochimasaさんが震災に便乗するホメオパシー提唱者たちと云うエントリで概観している。これは3/12付のそうとう早い段階でのエントリなので実際の行動には触れていないけれど、日本ホメオパシー医学協会の報告によると、由井寅子氏ご本人が4/2の土曜日に仙台に来て、若林区津波被災地で砂糖玉撒いたり記念撮影したりポエムを読んだりしてたみたい(このポエムが、さすがの悪趣味なぼくでも引用をためらうような代物)。

でもってそのあとホメオパシー信奉者を集めて講演会があったらしくて、その内容についてのブログエントリがだんだんあげられ始めている。上でリンクしたJumiさんのエントリはそのひとつ。

さて、タイトルの放射線には味噌という内容ですが・・・昨日の講演会で
由井先生が話された内容です。

広島の原爆による被爆者を診たお医者様が、味噌や質のよい塩を患者に
徹底的にとらせたら、かなりの方々の症状が良くなったそうです。

味噌をはじめ納豆や醤油などのいわゆる発酵食品は腸をきれいにして
くれます。腸がきれいだと血液もきれいになります。血液がきれいだと
免疫力は上がり体内に溜まった毒を排出できるのです。

この種の主張は、震災後とくにマクロビオティック関係の人間から発信されるケースが多いらしく、どうやらきくちゆみなんかも同種の主張をしていたらしい。このへんについては(そもそもこの言説がどんなふうにデマなのか、と云う詳しい説明と一緒に)どらねこさんがマクロビ食は有効な放射線対策ではないと云うエントリで詳述されている。

で、いつもながら不思議なのが、この種の言説を発するにあたっての動機。マクロビオティックの場合直接利益誘導につなげることが可能だけど、ホメオパシーの場合は直接はビジネスにならない。いや、日本ホメオパシー医学協会の傑出した商品開発力からすれば、味噌のレメディとかホメオパシー味噌(味噌に混ぜて食べる。ほめおぱしっくいと同じしくみ)なんかをこれから出してくるのかもしれないけど。ただ、

私たち日本人の食事には発酵食品がたくさんあります。
今のご老人たちは粗食で育ち、梅干、たくあん、味噌汁、納豆などの
発酵食品を、現代の私たちよりもたくさん食べていたと思います。
だから長寿なのですよ!

でも、戦後食がどんどん欧米化し、さらに化学調味料や保存料、食品
添加物、そして農薬がかかった野菜などを食べてきた現代人たちは、
メタボや肥満など不健康になり、生活習慣病を患う人がたくさんいます。

放射線汚染に発酵食品が良いとは、驚きでした。
とても身近な食べ物で防御ができるのですね~。なんとありがたい!!
日本食の素晴らしさを再認識です!

こんな感じの、トンデモの向かうべきベクトルの一典型としての「国粋主義的主張」がみられるので、あとは船井幸雄先生が尻を拭いてくれる、みたいな話なのかもしれない(だから長寿なのですよ!とか云って、戦後一貫して日本人の平均寿命が伸びていると云う事実を平然とないことにする、みたいなのも、まぁ見慣れた風景ではある)。

土地を浄化するにはひまわりやキク科の植物を植えると、放射性物資を 植物が吸収し無毒化してくれるそうです。これも簡単に出来ること。 植物ってすごいのですね~。

このデマをホメオパシー関係者が流布している、と云う点については、やはりmochimasaさんが原発周辺の畑にレメディとヒマワリの種とデマを撒き散らそうとするホメオパシー関係者と云うエントリでお書きのとおり。引用すると期待通りにヒマワリが土壌中の放射性物質が取り込んだとしても、放射性物質は無毒化されたわけではなく植物体内にそのままの形で残っている。それを燃やしたところでやはり放射性物質放射性物質のままなので問題の解決にはならない。そればかりか不用意に燃やせば放射性物質が飛散する可能性があるし、灰にも放射性物質が含まれるので廃棄物として適切に処理されなければならない。と云う話。ちょっと考えれば当然の話なんだけれど、ちょっと考えてみることをしない自らの信奉者をデマの拡散対象としているわけで、このへん計算のうえだとすればそうとういやらしい(もっともこの種の手口のいやらしさは、この国のホメオパシー商売の本質に根付いたものではある)。

今、この大震災を通して私たちは今までのように欲望を満たすことを
追求し続けることを止め、自然と共存し質素に生きる術を学ぶ時なの
かもしれません。

昨日の講演では、由井先生の被災した私たちに寄り添う心遣いや思いやり
がひしひしと感じられ、胸が熱くなる場面が何度もありました。
由井先生も涙を浮かべられ、今回の震災で犠牲になった方たちの死を
無駄にしないよう、生き残った私たちがどう生きてゆくべきかを考え
直すときだとお話されていました。

この種の言説に見られるのは、今回の震災にともなう犠牲が人間の行動に対するなんらかの報いである、と云うような、石原慎太郎の暴言にも共通する発想だと思う。つまるところそれは、犠牲になったかたがたは「罰せられた」と主張しているのと同様だ(そして、それはひっくり返すと、被害の少なかった人間の相対的な道徳的優位を主張することにつながる。最低だ)。

もちろんこれは犠牲者を冒涜する唾棄すべき主張であり、みずからのビジネスのためにだれかにそのような考え方を植えつけるような行動は忌まれてしかるべきもの、だと思う。おそらくJumiさんは自分がどれほどひどいことを書いているのか気付いていないのだろうと思うけれども、そう云う最低限のモラルを自分で判断する能力さえも喪失させてなんぼ、みたいな性格が、たとえば由井氏の「感動」をベースにしたマーケティング手法には存在しているんだろうな、みたいに感じる。被災した私たちに寄り添う心遣いや思いやりひしひしと感じさせたり、涙を浮かべてみせることでたとえばJumiさんみたいな(おそらくイノセントで善意に満ちた)かたから最低水準の道徳的な慎みみたいなものを奪ってしまうこの種の手法は、やっぱり本質的に邪悪、と称するのが適切なんだろうな。