読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

フィギュアスケート2011年四大陸選手権

みたもの、読んだもの

結弦が銀。

とまぁ、それだけで終わらせたくなる。上にいるのが大輔だけ、と云うのは控えめに云っても快挙と云う云い方がふさわしいと思うのだけれど、おそらく今大会、全選手中最高のジャンプだったと思えるフリー最初のクァッドからしても、フロックでもなんでもない。

スタミナもなんとかなるようになってきた。もうだれ恥じることのない一軍だ。でかした。

小塚くんの微妙な不調がちょっと不思議で、観ていてちょっと辛い。とりわけ今季のSPは個人的に(とてもとても)気に入ってるので、なんとか世界選手権までに取り戻してほしいなぁ、とか思う。

でまぁ女子なんだけど、とりあえずフモフモさんフィギュア四大陸選手権の報道が「美姫優勝」ではなく「真央満点」だった件。と云うエントリにリンクしておく。

って終わらせちゃってもいいんだけど、でも今大会の安藤さんの演技は、いまの彼女のスタイルではひとつ届くところまで届いた、みたいな印象がやっぱりあった。天才肌ならではのきらきらしさはそのまま、野性味からよけいな脂っけが抜けて、そこに上手に可憐さが上乗せされたような、とてもウェルバランスな演技。触感レベルでは凄さを感じさせない、そのことそのものの凄さ。

不安定なレイチェル、ってのは嫌なので、世界選手権までにはなんとか戻してほしい。

それに対して未来ちゃんの急激な(身体だけではない)成熟はどうだ。溜息を呼ぶようなポジションの美しさをそれほど感じなかったのは、水準が下がったせいではなくて、それが突出しない全体的なまとまりの向上ゆえ、なのがわかる。

鈴木さんは、うむむ、ちょっと疲れちゃったかな。充分なコンセントレーションが強みとして発揮できないと、やっぱり辛いよねぇ。

でまぁ真央なんだけど、去年の今年なので、正直今季はプログラム的にほとんどぼくには興味が抱けないらしい、と云うのが確認できた。まぁ調子も上向きみたいだし、がんばってください(棒)。