読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

フィギュアスケート2010年GPファイナル

なんかひさしぶりに、恐ろしい闘いを見たように思う。とりわけ女子シングル。

あとなんか荒川さんの(ジャンプに入る前に半分以上その出来が読めているとしか思えない)解説も、ずいぶん堂に入ってきたよなぁ。

成功しさえすれば、織田のうつけのジャンプは世界中の男子選手のなかで一番美しい、なんて云うのはたぶんぼくが思っていただけじゃないはず。こう云うのを実力、と云っていいのかどうかなんか微妙には感じるけど、死角なしのPチャンを相手に点差はあれど2位は納得のよい試合でした。とくにSP。

大輔と小塚くんは、そのへんちょっとゆっくりしちゃったかな、みたいな感じもある。まぁ逆に云えばたかがGPファイナルで、試合の格はともかく次に待つのが日本選手権って云うある意味もっとも熾烈な闘いだ、ってことを考えると、まぁこんなものでいいのかもね。

女子はだれも大崩れしない、えらく水準の高い試合でした。アリッサも優勝が納得できるようなよい演技だったと思います。ってえかあの高速ビールマンスピン、別の技名をつけたほうがいいんじゃないか(みたいな印象しかない。どうしてもこのひとからは訴えかけるものを感じられないんだよなぁ)。

鈴木明子が、あのほとんど破綻のない演技を見せてなお表彰台外。しかもそれもしかたない、みたいに思わせる、たとえばカロリーナの演技とか(波がある、と云うのか、好調な時のこのひとは姿の圧倒的な美しさもあってほぼ無敵なんだよなぁ)。

安藤美姫は正直つまらなかった。でもまぁこれはこれで、ぼくが求めるのが違うものだ、って話。

でまぁ、佳菜子なんだけど。そりゃまぁシニア1年目でファイナル表彰台は立派。個人的には、真央の1年目よりははるかに選手として洗練されている、みたいに思う。

でもこのまま、マスメディアにポスト真央、みたいな扱いをされるようになったら、それはそれでしんどいよなぁ。