読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

「ホメオパシーの原理」の(持ちうる)意味

よしなしごと

Cocculusさん(でいいのかな。どう名乗られているのかよくわからない)のホメオパシーの原理と云うエントリを読んだ。山口県の例のK2レメディ訴訟に言及した内容。 ほかのエントリからすると、このかたはこれからホメオパスを目指していらっしゃるように見受けられる。

創始者であるハーネマンマラリアの特効薬であるキナの皮を、マラリアに罹っていない人が服んだらどうなるかと、自分で服用したところ、マラリアと同じ症状が出てきました。それがきっかけで、摂取すると同じような症状が出る物質を使うと、その症状が改善するという、ホメオパシーの原理を発見したのです。

まずこの原理そのものが、130年前に否定されている。マラリア原虫の存在をハーネマンは知らなかったんだから、まぁしょうがない。このあたりはkumicitさんのゆるぎなきホメオパシーと云うエントリ参照。

そして、治療効果を残しながら有害な症状が出ないように、抽出液を希釈することを考えました。そして希釈を繰り返してなお効果がある濃度のものがレメディというわけです。

その希釈を繰り返してなお効果がある濃度と云うのは、もとの分子がひとつも残っていない濃度。だから現物質の効果は残っていない。分子論が確立されたのはハーネマンの死後みたいなので(だいたい150年くらい前かな)、これもまぁしょうがないのかな。このあたりの説明はhietaroさんがキンケシで字が消えないように、ホメオパシーでは...と云うエントリのなかほどでお書きの内容が簡潔でわかりやすい。

あくまで科学としてホメオパシーを研究していたとおぼしきハーネマンの理論の根拠は、こう云った感じでその後の研究によって否定されていったわけで。べつに科学の進展にともなってある仮説が否定されるのなんて珍しい話でもなんでもなくて、たぶんハーネマン本人が生きていれば、彼自身は受け入れた可能性も高い(ですよね、うさぎ林檎さん)。

逆に彼がいま蘇生して、彼の後継者を名乗るものたちが自分の研究をどんな代物にしてしまったのか、を見たらどうするのかなぁ。彼の死後の科学の成果を無視し去ってホメオパシーの原理に執着した結果、ニセ科学とかオカルトとか呼ばれたり、スピリチュアルなものにされたり「自然」なものにされたりしているおのれの理論の姿を見たら、そうとう憤慨するんじゃなかろうか(改めて憤死したりして)。まさか100年も200年も、自称後継者たちが自分の理論をまるで発展させないままにしているだけじゃなくて、鰯の頭と変わらないようなものにまで堕すにまかせちゃってるわけだから。

とまぁここまでは、ぼくとしても一回このへんを整理したかったから書いた、と云う感じ。いずれにせよ、ホメオパスのとる行動がホメオパシーの原理に照らして正しかろうと誤っていようと、じっさいそのことはあまり意味を持たない。

その助産士さんはビタミンKを与える代わりに、ビタミンKから作ったレメディを与えていたようです。しかし、これはホメオパシーの原理から考えてもおかしな事なのです。

こう云う主張をしたがるホメオパスはいるけれど、そう云うわけでこの主張は無意味だし、ホメオパス同士の党派闘争以外の局面ではとくに論点とする意義はない。その当のおかしな事をしたと思われる助産師は所属するホメオパシー団体から除名もされていないし、団体が公表した声明に準拠するかぎり譴責された形跡もない(どころか、その団体の長は内部向けにはその助産師を「守る」とまで公言しているらしい。まぁ事実上顧客だもんな)。

要するにホメオパシー団体には、ホメオパシーのプロフェッショナルとしての能力を保証する機能・能力はないと云うことだし、プロフェッショナルを自認するホメオパス間で一般に共有すべきとされているような職業上の倫理や綱領のようなものはない、と云うこと。そのホメオパスがどんな教育を受け、どんな資格を持っていようと、その施療の品質や矜持はだれも保証せず、まただれも責任を負わない、と云うこと。
ホメオパスのみなさんは、自己責任による利用を表明する同意書へのサインをクライアントに求める前に、このことをきっちりと伝えるべきだと思う。

西洋医学でも医療ミスが起こりますが、それで今の医学を止めようという議論にはならないのですから。坊主憎けりゃの類のものでしょう。

だっていまの標準的な医療の手法に合理的な理由なく準拠しなかったがゆえの医療ミスは、罰されるもの。で、医学的な手法の標準化は、ホメオパシーの原理みたいにいいかげんなものじゃないもの。医師は最低6年間はみっちりとその勉強をして、最終的には国によってその資質を試されているんだもの。比較そのものがおかしいでしょ。

だれかの比喩のぱくりになるけど(だれだったか忘れた。思い当たるひとは教えてくれるとうれしいです)。
イチローだって三振するけど、でもそれはメジャーリーグで活躍できる可能性がぼくやあなたにも彼とおなじだけある、って云う理由にはならないよね。そう云う話。