読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

ホメオパスのやりかた

よしなしごと

ホメオパスの片上敦子さんの、久しぶりに体験談です!と云うエントリを読んだ。このかた、以前に一連のバッシングについて(^ー^)と云うエントリでホメオパシーへの批判に対して悲しいかな世の中お金の力は強いです。とか書いていたひと。

で、その体験談ってのがエントリの最初に書いてある。7歳の女の子がホメオパシー予防接種デトックスした、と云う内容。で、ここではその内容は引用しない。なぜかって?

読むだけでもつらいんですよ。感覚的に。

非常においららしくなくてお読みのかたには笑われてしまいそうだけど、こう云うのに対する耐性はそもそも低いらしい。この女の子にみられる症状がなんなのかぼくにはわからないけど(だからたいしたことではない可能性ももちろんあるけど。連続9日の高熱や鼻血や耳からの膿がたいしたことではないようにはぼくには思えない)、たぶん状況としては今日のNATROM先生のエントリにある広義の医療ネグレクトにはあてはまる状況だ、と思う。

で、その対応は。

かなり高い熱が9日間も続きましたが、お母さんもちりちゃんも
本当によくがんばったと思います。
ワクチンの解毒で出す熱は39度を超えることが多いです。
40度を超えることもしばしば。

やっぱり、ホメオパシー的にはいいこと、らしいのだ。多くの論者が懸念してきたホメオパシー医療ネグレクトの原因になる可能性」と云うのは、こう云う部分に顕れる。高熱が9日間も続く娘を病院にも連れていかないホメオパシー利用者と、その行為を称揚するホメオパシー業者。

怖いですね~。これがワクチンの脅威です。
それくらい高い熱を出さないと解毒できないのでしょう。
ワクチンの中には、さまざまな化学物質が入っています。

こう云うところででしょうなんて云う無責任で適当な言い回しを使ってみせる、その1点だけでぼくはちょっと冷静さを失いそうになる。だいたい、高熱をワクチンのせいにする、その根拠はどこにあるんだ。

こうなると、もともと生物界に存在していたはずの病原体は、
化学物質でコーティングされた得体のしれない病原体=新生物
になってしまって、もはや人間の身体ではなかなか解毒できません。

こう云う言種を見ていると、日本のホメオパシー団体が一部千島学説に接近しつつあるらしい、と云う現状もなんとなく理解できる(どさくさ紛れにNATROM先生の病原体は自然発生する!森下敬一@千島学説の業績と云うエントリにリンク)。

免疫とは、胸腺、骨髄、脾臓、扁桃、虫垂、リンパ節、血液、腸、皮膚などの
各器官や組織が協力しあって構成された免疫系によって成立しています。
抗体価=免疫力と勘違いしている方が多いのではないでしょうか?

その免疫力とご自分が商売道具にしている砂糖玉にどう云う関係があるのか、そもそも免疫力ってことばをどう云う意味で(どの分野におけるテクニカルタームとして)使っているのか、を教えてほしい。

ホメオパシーはワクチンを否定している』から問題だという前に
なぜワクチンを否定しているのか、真実を知っていただきたいなと
思うのです。

いちいち真実なんて云う大仰なことばを使うまえに、ご自分の所属する団体がぬけぬけと主張している、「ホメオパシーは現代医学を否定していない」なんて云うだれにでもばれる大嘘をひっこめたほうがいいのではないか、と思うのだけれど。それともホメオパシーをやっていると、顔面の皮膚が肥厚するような副作用があるんでしょうかね。

これからお子さんにワクチンを打とうかどうか、もし悩んでいる
としたら、この本をぜひ読んで考えてみてください。
それでもワクチンを打つ、というのは選択の自由ですよ、
もちろん!

やっぱり最後はこれか。さんざっぱら脅しておいて、なにが選択の自由だ。卑怯者