読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

対策

よしなしごと

ホメオパスでいらっしゃるLunaさんのちまたのホメオパシー騒動によせてと云うエントリを読んだ。

ホメオパシーを業務として取り扱っているかたがホメオパシージャパンのレメディ販売を停止している様子はほかにもあって(ネットショップを閉鎖したりとか)、なにかしら統一した方針が打ち出されたのかもしれないなぁ、みたいに思っていたのだけど。

このたび、ホメオパシージャパンでは、行政の指導に基づき、
ホメオパシーによる健康相談業務と、レメディーの販売などの業務を
完全に分割することが決定され、実行していくことになりました。

そのため、ホメオパスは、ホメオパスとして、センターを開設して
健康相談会を行うか、代理店の道を歩むかのどちらかを選ばなければなりません。

そして、代理店業務を遂行するにあたっては、
ホメオパシー、あるいはレメディーについて、何ひとつ説明することができません
ホメオパシーという単語すら、使用禁止!自己治癒力という言葉も禁止。

たぶんこれは報道されている東京都による立入検査(各紙が報道しているけど、ちょっと敬意を払ってasahi.comホメオパシー効能広告の疑い 販売会社に都が立ち入りと云う記事にリンク)に関連する対応なんだろうなぁ。なんかこれ、商売上はそこそこ打撃を受けることになるのかな。「勧めていない。自分で勝手に買った」的なロジックで、ホメオパシー業者による「ホメオパシー利用者自己責任論」を強化するような方向に話が動いたらちょっと嫌だ。

ところでレメディを販売するよりカウンセリングをするほうが稼げるのかな。なんかそんな気もする。
ところでまさか、ホメオパスは処方箋は書かないよね?