読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

恥かきついで

昨日のエントリでtonmanaanglerさんのエントリに触れたら、漢方は疑似科学なのか(2)と云うタイトルの、ぼくのエントリに対するお返事(のような体裁)のエントリでトラックバックいただいたので、いちおうお返事(のような体裁のもの)を書いておく。

ちなみにこれから書くことをtonmanaanglerさんが踏まえていない、みたいな失礼なことを思っているわけではないので、基本的には釣られている、と云うこと。これから書くことを読んで、たぶんtonmanaanglerさんはぼくのことを楽しく嘲笑するだろうし、つまりはぼくとしては恥の上塗り承知、と云うスタンス。ちなみに個人的には失望が底流にあるので、あまり親切な書き方はしない。tonmanaanglerさんのところがほんとうにご本人のおっしゃるような過疎ブログなのかどうかは知らないけど、だとすれば過疎ブログ同士でトラックバックを飛ばし合っても読まれないのでわりと不毛だし。

ちなみにトラックバックいただいたエントリのなかほどに書かれているホメオパシーと漢方の比較に関する議論については割愛。お書きの内容に異論はないのだけれど、逆にそこまでおわかりなのだとしたら、前のエントリで持ち出した(かたちになっている)論点の恣意性が浮き彫りになるだけなので。

俺の書き方が悪かったのだろうかとも思うので、ここで何を言いたかったかを改めて書けば、「科学と疑似科学を区別するための要素に被害の有無は含まれない」ということであります。あるいは「被害の大小によって疑似科学の度合いを判定するわけではない」ということであります。

まさか本気で、ご自分で引用した部分の文章がそんなふうに読める、と思っているわけじゃないよね。「科学にとってより深刻なのはどちらか」ってことについて書いてるわけでしょ。ここで想定されている「科学」ってのがなんなのかは、前のエントリにも書いたとおりよくわからないけど。

で、tonmanaanglerさんはニセ科学にまつわる議論のどこで、「科学と疑似科学を区別するための要素に被害の有無は含まれない」と云うことに留意していない論者を見かけたのかな。jura03さんとか論宅さんのエントリあたりかな。

このように「科学」の観点からの擬似科学批判と、被害防止の観点からの疑似科学批判は完全に一致するものではないと思うのに、それが区別されずにごっちゃになっているところがあるのではないかというのが俺の書いた趣旨であります。それに対する批判ならあるだろうと予想していたけれど、予想外の批判だったので、ちょっと驚いたという次第。

「科学」の観点からの擬似科学批判と、被害防止の観点からの疑似科学批判は完全に一致するものではないのは確かだけど、だからと云って分離して論じることができるものか、と云うとそう云うものでもなくて、それはなぜかと云うと、結局のところぼくらの生活は科学と云うメソッドへの信頼のうえに成り立っているからで(まぁこのへんでも書いたようなことではあるけれど)。いやもちろんtonmanaanglerさんが水を飲んだり風呂に入ったりするたびにそこに蓄積されたいろんなもののホメオパシー的記憶にいちいち注意するのは自由だけど、ぼくなんかは貧乏暇なしでそんなことをしている余裕がないので、科学と云う体系に蓄積された専門知のほうを日常では信用している。

で、いまの社会のバックボーンとなっている専門知の体系としては自然科学はそうとうに重要な部類に属するもので。このへんについては専門的知識がなくてもわかるようなエントリをtikani_nemuru_Mさんがいくつも書いていて、はてなユーザであるtonmanaanglerさんからすれば探すのも難しくはないと思うので、お読みになってみればいいと思う(地下猫さんもあんまりここからリンクされたら不快だろうし)。まぁ実際には、お読みになったうえでわかっていてお書きなんだろうけどね。

でもって、科学の専門家としての科学者がどうして「科学」の観点からの擬似科学批判だけじゃなくて被害防止の観点からの疑似科学批判にも留意しなければいけないのか、と云うと、そこには「専門職としての科学者」と云う社会的な位置づけが関わってくるわけで。これは「科学」の話だけれど、「科学」の内部に収まる話ではなくなる。
みたいなことを書いて放り出すのも不親切なので、とりあえず伊勢田哲治准教授の疑似科学をめぐる科学者の倫理と云う資料(PDF注意)にリンクしておく。いやもちろん、伊勢田さんがお書きの論点なんかも、先刻ご承知ではあるんだと思いますけど。

だいたいのニセ科学疑似科学についての議論にコミットする論者は、おおむねここまでに書いたようなことを念頭に置き、踏まえながら議論を展開するので、あまりそのへんのことが「区別されずにごっちゃになっているところは見かけない(いちいちそこから議論をはじめることもあんまりないけど)。いやまぁtonmanaanglerさんにとっては目につくのかもしれないけど、じゃあどこで見たんですか、と云うことを訊いても(経験上)具体的な返事が来るとも思えないのでべつにどうでもいい。
以上、釣られ納め、ネタにマジレス、でした。恥ずかしいのでこれにて終わり。