読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

人事と天命

よしなしごと

以前こちらのエントリで「呪術としての『水からの伝言』」の読み解きを援用させていただいたFrancisさんのホメオパシーは正統なものですと云うエントリを読んだ。
相変わらず明晰。おっしゃるとおり。

さて、基本原理に基づき正しい構成から成り立っているのがわかっていただけましたでしょうか。

問題なのはこの基本原理の方でありまして、これは類感呪術感染呪術という古典的な呪術の基本法則なのです。

タイトルにある正統とは、まさにこの「呪術としての正統」と云うこと。この正統性、と云うのはもちろん馬鹿にしたもんじゃなくて、それだけ人間のナチュラルな発想に沿っている、と云うことなので、なんと云うか構造としてひとはそれに「納得しやすい」。原理がわからなくても信じられる、理解した気になれる(それどころか納得できない人間を見下せる)のは、この構造があるからで。でもって納得できてしまえば、平気な顔で「量子力学なら証明できる」みたいな説明も受け入れてしまう(量子力学がなんなのか知らなくても。ついでに云うと説明する側も量子力学がなんなんだかわかっていない、と云う点では同じだったり。要は彼らにとって量子力学も呪術の一種、と云うポジションにある、と云うこと)。

つまり、ホメオパシーは正統なものです。これはれっきとした伝統呪術でありまして、川崎大師の身代わりお守りがその存在を責め立てられないように、ホメオパシーそれ自身は責められる道理のないものなのであります。

いやまぁでも、運用する側が川崎大師の身代わりお守り以上に効果があるとか、霊験が証明されているとか云い出せば、それはもうその時点で誇大な表現になるのであって、そうなるとまぁ霊感商法の一種とみなされてもしかたがない。

そのかわり、西洋医学との置き換えには決して使えないものであることも事実であります。人事を尽くして天命を待つと申しますが、現代の呪術はその天命の部分に影響できると信じて行うものであります。西洋医学をないがしろにしては、人事を尽くしていることにはなりません。

身も蓋もないおっしゃりようだけど、要はそう云うことだ、と思う。