読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

「認められる」

豆ママさんのホメオパシー外来と云うエントリを読んだ。

医学としてのホメオパシーは日本の場合‘ホメオパシー医学会’で登録をしている医師、歯科医師、薬剤師、獣医師しか取り扱いを認められていません。

これは初耳、と云うか、ぼくが理解している限り日本では公的には医学としてのホメオパシーはいっさい認められていない、と思うのだけど。ひょっとして「認められている」と云うことばの意味合いが違うんだろうか。

て云うか主語がないなぁ。べつに「公的に」認められている、と云う意味じゃないのか。「日本ホメオパシー医学会が」認めているかどうか、って話なのか。日本ホメオパシー医学会は本物の医師のみが加入できる団体ではあるようだけれど、そうなるとそれってとくに意味はないような。こっちでも書いたようにホメオパシーによる医療を標榜している団体は日本にも少なくとも複数はあるわけで(もちろんぼくの把握していないところもあるだろう)、それぞれが独自にホメオパスを「認めて」いるわけだから。

それは日本の国はまだ‘医療’として認めていないからです。

健康保険が適用になりません。

認められてないのをご存知なんじゃん。

ですが、ホメオパシー医学会のドクターをはじめ、自然療法を取り入れておられる医師のみなさんは

認めてもらおうと、昼夜、臨床に取り入れてみたり、厚生労働省になんども出向き、認めてもらえるように働きかけていらっしゃいます。

これが本当だとすれば、どうしてそれでも認められないんだろう、と云う話にもなるんだと思う。

認められてこなかったのにはこなかったなりの理由があって、それはべつだん製薬会社の陰謀、とか云う話じゃないんです。
あと(別のエントリの話だけど)お子さんが病気をお持ちなのは、絶対にあなたのこれまでの生き方のせい、なんかじゃないです。

# こう云う状況にある方に言及することはあんまりないんだけれど、この方、複数の代替医療関係の会員でいらっしゃって、アメブロ内でコミュニティも主催されているようなんだよねぇ。