読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

フィギュアスケート2010年世界選手権男子シングル

みたもの、読んだもの

オリンピックシーズンの世界選手権は主要選手のお休みが多いせいもあってなんだか四大陸選手権あたりを見ているような気分になったりもするんだけど、それはけして悪いことばかりじゃなくて。アダム・リッポンとかハビエルくんとか、実によかった。あと根性の4-3-3で有終の美的な凄みを見せてくれたケヴィンにも(好き嫌いは置いておいて)拍手。

けがをする前から「千両役者」ではあったけれど、いまの大輔の持つ、なんと云うか風格のようなものは、今シーズンに身につけたものだと思う。それはメダリストである、と云うのとは別の部分で、彼が今期どのように闘ってきたか、と云うところからにじみ出てくるもの、のように思える。隘路にはまらず、できることを積み重ねていく意思の力と、今回男子のプロトコルに(回転不足ではあっても)初めて4Fの文字を刻んでみせた(PDF)、競技に臨むスタンス。

なんかもう、大将、って感じがするものなぁ。ガラスのエース、の面影はもうない。男前だぜ大輔、日本一(いや今回世界一になったのか)。

で、そう云うところはやっぱり小塚くんにはまだ欠けていて、でもまぁそれは欠けていても不思議はないもので。あいかわらず端正なスケーティングのなかで(あのSPでのバタフライ!)物足りなさを感じはじめたのはたぶんぼくが贅沢になったからでもあるだろうし、まだ彼には獲得できるものがある、と思ってるからでもあるんだろう。

ソチでは結弦あたりを率いて大将として闘う可能性も高い。こんな選手に対して、まだこれから、みたいに思えるのはしあわせなことなんだろうと思う。

そして、織田のうつけ、なんだけど。

どうしちゃったんだろう、と云うより、フィギュアスケートと云う競技がどれだけメンタルに左右されるものか、どれだけのコンセントレーションを必要とするものなのか、を如実に見せられたようにも思う。

チャップリンが観られなかったのは、ほんとうに残念。あの猫のようなジャンプを、もっと観たかったよ。