読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

フィギュアスケート2009年四大陸選手権

みたもの、読んだもの

J-Sportsの放送を録画して女子シングルだけ見た。

氷の具合はよさそうだったのに、全体にどの選手もスピード感があまり感じられなかったのは、多分カメラワークのせいなんだろうなぁ。

二級、と云うと変だけれど四大陸選手権ってのは元来その国のトップ選手がでてくる大会じゃなくて。ここ何年かそう云う意味合いがちょっと薄れていたんだけど、今年はさすがにオリンピックイヤーだけあって世界選手権クラスの選手の出場はあんまりなかった。そう云うところに浅田・鈴木なんて云う取り合わせで臨んでくればそりゃワンツーは当然、と云うかそうできなかったらバンクーバーに不安材料が残る、みたいな感じではある。

そう云うわけで闘っている選手たちはともかく、観る側としてはあんまり緊迫した試合、と云う感じはなくて。見慣れない選手は多いのだけど、先にも書いたみたいになんだか妙にスピード感のない画面が続いたせいもあって、それぞれの個性があんまり見えてこない、みたいな感じ。

そのなかで印象に残ったのはSP2位のアマンダ・ドブスの、ちょっと安藤美姫を連想させるジャンプの爽快さ。あと、クァク・ミンジョンはひょっとするととても素敵な選手になるかも、とか思った。

遥ちゃんもがんばりました。このこ、長久保コーチだからチーム味噌カツ、ってことになるんだろうけど、なんとなく京都系を連想するやわらかい動きがみていて心地いい。

鈴木さんはなんとなくはじけきれなかった感じだけど、演技内容をあえて抑え気味にした、って部分もあるのかも。基本的には足りない実績を補ってバンクーバー前にランキングをすこしでも上げられたら、ってのが今大会出場の主目的なんだろうから、それくらいでいいのかも。

とまぁこうなると、真央の演技はやっぱり圧巻に映るわけで。

書かなかったけど、フリーの「鐘」がどんなプログラムなのか、そこで真央とタラソワがなにをしようとしているのかをぼくが把握できたのは、じつはこのあいだの全日本選手権がはじめてで。これはぼくの目が節穴だってだけじゃなくて、全日本ではじめてそこまでに至った、と云うことだと思っている。

で、今大会でわかった。世界中で、この重厚なプログラムで表現されるべきものを表現しきるポテンシャルを持っているのは、いま現在の浅田真央と云う選手、だけだ。

演技の出来がよかったか、と云うと微妙で、全体的に意図的に難易度を抑えていた部分もあるようだし、なんだかエッジの浅さが見ていて気になったりもした。と云うことは逆に、プログラムとしてはまだ伸びしろのある状態だ、と云うことでもあって。

もちろん真央は「浅田真央」なので、バンクーバーに向けてその部分をさらに詰める、と云うことに挑むに決まっている。これはわくわくするなぁ。