読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

水の結晶と反証実験

世間

まだこう云うことを云う方がいらっしゃるんだ、と云うことで。お名前がないのだけれど、"Love&Thanks"と云うブログの水の氷結結晶の真偽にまつわるデタラメな人達と云うエントリに言及。

そもそも、江本氏の主張であった「水が言葉を理解する」という主張自体が怪しいというのは確かなのですが、怪しい→あるわけないという思いこみによる「決めつけ」を基に、科学的と称しながら何ら実験や検証もせずに、あり得ないと断定して居る人達の行為は、明らかなるエセ科学宗教です。

どうして反証実験をしなくていいか、と云うと、江本氏の実験を除く、有史以来行われてきたすべての水に関する科学的実験が反証となっているからで。通常水に関連する科学実験は実験を行うものの思念だの水に貼付けられた文字だのと云った要素を加味しないから、それらが仮に影響するとすればすべての実験が成立しない。どんな実験をする際にも、水の入った容器に貼られたラベルの文字を考慮しなきゃいけない、なんて話はない。

このへんのことはそもそも2年も前の田崎教授の「水からの伝言」を信じないでください「水からの伝言」が事実でないというためには、実験で確かめなくてはいけないのでは?と云う項目を立てて触れられている。平均的な学力の中学生なら理解できる文章だと思うので、一読をお薦めしたい。
いや、水に関するこの世のあらゆる科学的成果を疑う、ってんならそれはそれで潔くてよござんすが、この方はそれで暮らせるのかな。

しかしエセ科学宗教ってのは新しいな。意味がわからない。

それから、IHMグループ側の主張も昔とは変わってきたようで「水が言葉を理解する」というものから「一定の想いで水に思念を送る」といった感じに修正されたようです。これならば、「認知者の想念が対象物に影響する」という意識エネルギー作用を考えるという基本的なラインからは外れていないと思われます。

この意識エネルギーと云うのは科学的な意味でのエネルギーなのですか、それともなにかしらの比喩なのでしょうか? 比喩なら物質に影響はしませんね。

それらの主張をしている人達は「科学者」や「大学」といったネームバリューによって他人を信じ込ませると信じているらしく、指摘されても「あんな非科学的な人間のいうことなど誰も信じない」といって自らの非科学的さを「自己紹介」をして自己満足してるという状態から延々と進歩がありません。

で、それは誰のことをおっしゃっていらっしゃるんで?

wikipedia記事の水の氷結結晶の写真集である「水からの伝言」関連の情報操作のための捏造だらけで、正しいことを書こうという意志など感じられません。

いけませんね。「自分の信じたいこと」を正しいことなんて言い換えちゃ。 まぁでも、吉岡英介氏の主張を傍証として持ち出すようなひとだからなぁ、みたいにも云えるのかもしれないけど。職業上の要請もあるみたいだし。