読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeplated Rat

街や音楽やその他のものについてのあれこれ。

問題の認識 (「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」香山 リカ)

ちょっと前に信じぬ者は救われるレビューしたのだけれど、その際に副読本として読んだ。

スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書)

スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書)

  • 作者: 香山 リカ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 新書
 

香山リカを読むのはいつ以来だろう、と云うか思い出せないくらい久しぶりなのは確かなのだけれど。

全体になんとなく論旨の展開がいきあたりばったりな印象があって首肯できない議論も多いのだけれど(「中間領域」の話とか)、でもなんか問題認識の部分ではぼくがここで論じて来たようなこととちょっとびっくりするくらい通じるものがある(イノセンスによる免責がありうる、と云う発想の問題とか)。あぁなるほど、菊池誠が「信じぬ者は救われる」のあとがきで書いていたのはこう云うことなのか、とちょいと納得。
なんかそう云う意味では、現状認識のための見取り図、としてはよい本なのかも。読みやすいし、短時間で読めるし。

ついでになんか、以前書いた田口ランディのレビューを思い出した。